Thirdware

iPhone, OSX Apps and Web Apps

Friday February 10th, 2012
by mikashima
0 comments

Ryotei 2.x, How to use waypoint

遅くなり申し訳ありません。
通過点の使用方法です。
動画に使用しているバージョンは現在開発中の2.1ですが、一部を除き現在公開中の2.01と同じ操作方法となっております。

今回は通過点の使用方法を検索されていた方がいらっしゃったので、あわてて用意しました。
本来は機能追加した際に用意しておくべきものだと反省しております。
今後も「旅程」をよろしくお願いいたします。

YouTube Preview Image

Sunday December 25th, 2011
by mikashima
0 comments

iTunes Storeレビューへの返信と今後の機能追加

iTunes Storeにてレビューを頂きました。
ありがとうございます。
遅くなりましたが、このサイトで返信させて頂きます。

1.複数の記録の同時表示
 出来れば素晴らしいと思いますが、意外と大変な作業になりそうです。
 来年中に実装出来るようにがんばります。

2.カメラを使用した際に記録が切れる
 撮影後、移動経路が一切記録されないようでしたら不具合になります。
 詳細を教えて頂ければ対応できるかもしれません。
 ですが、移動経路が記録されているならば仕様になります。
 旅程は移動している場合のみ移動経路を記録します。撮影された時は静止された状態だったのかもしれません。

3.長時間記録
 「旅程」という名称のアプリであるからには対応したいですね。
 しかし、長時間テストが必要になりますので機能のテストは春以降になります。
 さらに16時間ではデータ量が現在の2倍となりますので、
 1. 大量のデータにiPhoneが持ちこたえるか。
  長時間記録ではiPhone4が若干発熱する事を確認しています(8時間超常に移動し続け、常にGPSを受信したという前提で行った現実ではあり得ないテスト)。
 2. 大量のデータを表示できるか。
  現在でも相当量のメモリを消費していますが、さらにデータ量が増えると異常動作する可能性があります。
 3. バッテリーが何時間もつか。
  8時間の移動中にほとんどiPhoneを使用しなかった場合でも約50%ほど消費してしまいます(約1年間使用したiPhone4の場合)。

 以上のことからおそらく16時間の対応は不可能だと感じています。
 がんばれば12時間まではいけるかもしれませんが、保存の際の省電力化と表示の際のメモリ消費量の削減が必要になります。
 リリースには時間がかかるかもしれません。

4.gpx出力
 来年の春までには対応したいと思います。

ご意見を頂いた他にも、現在の機能をさらに使いやすくするための機能をいくつか考えています。
機能追加というより機能拡張になりますね。
いずれも来年になりますが、今後も「旅程」をよろしくお願いいたします。

Friday December 16th, 2011
by mikashima
0 comments

旅程2.0.1

新しい機能を実装するために既存の部分をかなり作り直しましたが、やはり副作用が出てしました。
グラフ画面の表示がおかしくなっていたので、修正版を提出しています。
今回は小さな変更なので数日中にはリリースされると思います。

Friday December 9th, 2011
by mikashima
0 comments

旅程2.0

旅程2.0を公開申請しました。
なんの問題もなければ、1週間後には公開されると思います。
いきなりのバージョン2.0ですが、大きな機能追加を行ったので2.0としています。

 

主な追加機能は

1. 一覧画面に月表示を追加し、現在のリスト表示と月表示を選択出来るようにしました。
2. 移動経路上に通過点を任意に設定し、通過点から区間タイム・平均速度などを参照できるようにしました。

 
そして、以下の不具合を修正

1. 同じ地点から複数の写真を撮影した場合、最後の一枚を残してKMZ出力用の写真が保存されなかった(カメラロールには保存されている)不具合を修正しました。

以下、iPhone3GSのテストも行えるようになったので

2. iPhone3GSで撮影した場合、撮影方向が正しく記録されなかった不具合を修正しました。
3. iPhone3GSで移動経路がほとんど(というか、全く)記録されない点を修正しました…が、3GSのGPSはiPhone4以降と比べ著しく性能が低いようで、残念ながらきめ細かい記録は出来ないようです。期待して購入頂いた方々には申し訳ありません。

 

今回はiOS4.xでのテストを行う事が出来ませんでした(前回と違いiOSのダウングレードが出来なくなっていたので…)。
申し訳ありませんが、このバージョンよりiOS5以上を推奨といたします。